人生にゲームをプラスするメディア

ジャンプ関連4誌に「遊戯王」カード、「クリアクリボー」や「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」など

その他 カードゲーム

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
原作マンガの20周年、そして劇場映画公開記念として、集英社のジャンプ関連4誌でビッグな企画が実現した。
人気の「遊☆戯☆王ARC-V オフィシャルカードゲーム」のカードが「週刊少年ジャンプ」「V ジャンプ」「最強ジャンプ」「ジャンプ流!」の4誌に付属する。もちろんどれもゲーム使用可能、イラスト、内容も凝っている。

1999年から発売されている「遊☆戯☆王 オフィシャルカードゲーム」は、「週刊少年ジャンプ」に掲載された高橋和希のマンガ『遊☆戯☆王』に登場したカードゲームが原作としている。その後人気は日本だけでなく、海外に広がった。2003年からは世界大会も行われており、2013年には「参加人数が最も多いトレーディングカードゲームトーナメント」としてギネス登録されるほどだ。
そうしたなかで2016年4月23日には、『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』が劇場公開される。テレビアニメ第1シリーズの主人公である武藤遊戯が再び登場し、遊戯と仲間たちのその後を描く。

カードはそれぞれ異なる。3月19日発売の「V ジャンプ」5月号には、同誌で連載中のマンガ『遊☆戯☆王ARC-V』の主人公である榊遊矢が使用する「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」。4月1日発売の「最強ジャンプ」5月号には、劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』で武藤遊戯が使う新カード「クリアクリボー」。高橋和希の『遊☆戯☆王』読切マンガが掲載される4月11日発売「週刊少年ジャンプ」19号には、その作中で登場する「流星方界器デューザ」だ。
そして4月21日発売「ジャンプ流!」vol.8には、付属されるDVD内で高橋和希が描いた海馬瀬戸と青眼の白龍のイラストを使用した「青眼の白龍」が付属される。「青眼の白龍」は数少ないキャラクターイラストが描かれたカードということで、ファンにはたまらない一枚となっている。

劇場版の公開に合わせて様々な企画が行れている『遊☆戯☆王』。劇場版ではアニメシリーズ一作目で登場した主人公の武藤遊戯と、そのライバルである海馬瀬人との戦いが描かれている。当時アニメを観ていた方もこの機会に劇場に足を運んでみてはいかがだろうか。

『遊☆戯☆王ARC-V オフィシャルカードゲーム』
(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社 企画・制作/KONAMI
(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会
(C)「Vジャンプ」2016年5月号/集英社

ジャンプ関連4誌に「遊☆戯☆王」カードが付属 「青眼の白龍」や「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」など

《半蔵門アラタ》

その他 アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』海外ファンの2Bコスプレが本人すぎる…

    『ニーア オートマタ』海外ファンの2Bコスプレが本人すぎる…

  2. 【特集】ゲームバイヤーが見た、ニンテンドースイッチの行方―販売状況や入荷予定は?

    【特集】ゲームバイヤーが見た、ニンテンドースイッチの行方―販売状況や入荷予定は?

  3. 【昨日のまとめ】本人すぎる『ニーア オートマタ』2Bコスプレ、『ドラクエXI』ハード別にそれぞれ2つの戦闘モードを用意、ゲームバイヤーが見たニンテンドースイッチの行方…など(3/27)

    【昨日のまとめ】本人すぎる『ニーア オートマタ』2Bコスプレ、『ドラクエXI』ハード別にそれぞれ2つの戦闘モードを用意、ゲームバイヤーが見たニンテンドースイッチの行方…など(3/27)

  4. 『サモンナイト3』「アティ」のセクシーなビッグフィギュアが予約開始、眼鏡は着脱可能に

  5. 【今日のゲーム用語】「私が町長です。」とは ─ RPG史上、最も腹が立つ台詞のひとつをご紹介

  6. ドラマ「FFXIV 光のお父さん」ゲームシーンも収録したPR映像を公開─「今、このエオルゼアに、父さんがいる」

  7. 『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』の蔵土縁紗夢が1/7フィギュアに! 力強い脚線美を惜しげもなく披露

  8. 【特集】編集部が選ぶ『Abema TVで今観るべきアニメ』

  9. すっごーい、サーバルちゃんは“ねんどろいど”なフレンズなんだね!「ねんどろいど サーバル」予約開始

  10. 【hideのゲーム音楽伝道記】第55回:祝発売15周年!『キングダム ハーツ』 ― “心”をテーマにした物語を彩る音楽

アクセスランキングをもっと見る