人生にゲームをプラスするメディア

【JAEPO2017】『ボンバーガール』はやられると服が破ける!4対4の協力対戦が熱いプレイレポ

その他 アーケード

【JAEPO2017】『ボンバーガール』はやられると服が破ける!4対4の協力対戦が熱いプレイレポ
  • 【JAEPO2017】『ボンバーガール』はやられると服が破ける!4対4の協力対戦が熱いプレイレポ
  • 【JAEPO2017】『ボンバーガール』はやられると服が破ける!4対4の協力対戦が熱いプレイレポ
  • 【JAEPO2017】『ボンバーガール』はやられると服が破ける!4対4の協力対戦が熱いプレイレポ
  • 【JAEPO2017】『ボンバーガール』はやられると服が破ける!4対4の協力対戦が熱いプレイレポ
  • 【JAEPO2017】『ボンバーガール』はやられると服が破ける!4対4の協力対戦が熱いプレイレポ
  • 【JAEPO2017】『ボンバーガール』はやられると服が破ける!4対4の協力対戦が熱いプレイレポ
  • 【JAEPO2017】『ボンバーガール』はやられると服が破ける!4対4の協力対戦が熱いプレイレポ

あのボンバー「マン」が、ボンバー「ガール」に!コナミアミューズメントがおくる、4対4のアーケード向け協力対戦アクション『ボンバーガール』が、JAEPO 2017の会場にて初公開されました。今回は、本作のゲームシステムとプレイレポートをお届けします。


『ボンバーガール』は、ボムを使って戦うあの対戦型アクションゲーム『ボンバーマン』の美少女版です。ブロックを破壊していく『ボンバーマン』のゲーム性をベースに、4対4のチームに分かれて対戦相手とバトルを繰り広げる協力対戦要素が盛り込まれています。プレイヤーは仲間とともに、相手チームより早くベース基地を破壊するのが目的。さらに育成要素もあり、エリアに配置されたブロックをボムで破壊すると経験値を獲得、ボンバーガールを育てるとさまざまなスキルが使用可能となります。

 

『ボンバーガール』の筐体には、スティックが先に付いたレバーのようなコントローラと3種類のボタンがレイアウトされています。レバーは下画面に固定されており、プレイヤーはレバーを握り、上部に付いているスティックを操作してキャラクターを動かします。3種類のボタンは、左から順にボム、スキル1、スキル2が割り振られており、スキルは変更が可能です。プレイ中は主に中央にある上から視点の画面を見ていますが、筐体上部にあるモニターでは、ボンバーガールたちをよりはっきり見られる角度から戦況が表示されており、少し離れた場所からでも熱いバトルを観戦できそうです。

 

強くてかわいいボンバーガールたちには、それぞれ特徴があります。今回の試遊では、ボムをたくさん置ける「シロ」、速く移動ができて近接攻撃が得意な「オレン」、遠距離攻撃が可能な「エメラ」、ブロックを生成し相手プレイヤーの進路を妨害する「モモコ」が選択できました。それぞれ立ち回りが異なるキャラクターなので、プレイヤーの得意な戦い方やマッチングしたメンバーのバランスに合わせて変えることで、バトルを有利に進められそうです。なお、筆者はオールマイティなキャラクター「シロ」を選択しました。


バトルマップは近未来的なデザインと配色になっており、キャラクターたちはSDサイズので表示されます。スティックによる操作は快適。動きは少しゆっくりめですが、敵も味方もどんどん相手のタワーを目指して進行していくので、敵プレイヤーと遭遇しだすと一気に戦況が動きます。さらに、お互いにレベルがあがるとスキルが使えるようになるので、タワー前では熾烈な爆発やスキル合戦が行われ白熱していきました。特にスキルの使い所が重要で、タワーを守っている相手プレイヤーを倒すと一定時間攻撃し続けられるため、仲間と協力して攻撃を仕掛ければ一発逆転も可能です。キャラクターには体力があり、自分のボムに当たると一定時間スタンするだけですが、相手プレイヤーのボムや攻撃を受けるとダメージを受けて倒れてしまいます。体力がなくなるとドキドキの衣装破壊演出があり、リスポーンポイントから復活します。

『ボンバーマン』のボムを使ったアクションに、美少女化したキャラクターと4対4のチーム協力対戦プレイという新しいゲーム性を追加した『ボンバーガール』。稼働日は未定です。

(C)Konami Amusement
《カミヤマ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

  2. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

    『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

  3. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

    「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  4. 「ガルパン劇場版」秋山殿が制服Verでfigmaに!敬礼が似合う「ドヤ顔」やあの「信号ラッパ」も

  5. 保育所がないなら作ろう!『ファンタジーライフ LINK!』を開発したブラウニーズ、社内に保育施設を設置

  6. アトラス、今年発売する新作タイトルに迫る特別番組を実施! 3DSソフト『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』など登場

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 「すーぱーそに子 10th Anniversary Book」発売を記念するイラスト展を開催! 高精細出力の複製イラスト30点を掲示

  9. 東京・神田明神に「明神カフェ」が4月中旬オープン!様々なアニメ・ゲーム作品とコラボ予定

  10. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

アクセスランキングをもっと見る