人生にゲームをプラスするメディア

【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

任天堂 Nintendo Switch

【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

いよいよ2017年夏にNintendo Switchで『スプラトゥーン2』が発売されます。インクを塗って陣地を奪い合う「ナワバリバトル」はそのままに、新たなブキやステージなどが登場するわけですが、いったいどんな新要素が出てくるのか楽しみにしているイカたちも多いことでしょう。

しかし、新作になることで逆に気になることもあります。たとえば『スプラトゥーン2』ではスペシャルウェポンが一新されるため、前作の段階で存在しているブキもいろいろと事情が変わってくるはず。そんなわけで今回は、『スプラトゥーン2』になってどう変化するのか気になる注目ブキを10個ほどランキング形式でご紹介したいと思います。

なお今回のランキングは、あくまで現時点での情報と筆者の個人的な主観によるものとなっています。その点はご了承ください。

◆10位:わかばシューター



「わかばシューター」は初心者向けと言われており、『スプラトゥーン』では最初から使うことができるブキです。メインウェポンの射程は短めなものの地面を塗りやすく、サブウェポンのスプラッシュボム、そしてスペシャルウェポンのバリアと組み合わせて使えばバトルでもなかなか活躍します。その使いやすさからナワバリバトルなどでは上級者から使用されることも。また、別種として「もみじシューター」も存在します。


前作では使いやすいブキになっていた「わかばシューター」ですが、『スプラトゥーン2』ではスペシャルウェポンが一新されることが楽しみであり気がかりです。バリアはしばらく無敵状態になるというスペシャルウェポンなのですが、これがあるのとないのでは戦いやすさが段違い。別種の「もみじシューター」はバリアがないゆえにまともに戦う気にすらなれないほどなのです。

おそらく続編でも「わかばシューター」は初心者向けという立ち位置になると思われますが、バリアがないとなるとこれはなかなか難しいところ。おそらく使いやすいスペシャルウェポンを手に入れるとは思いますが、どのような形で初心者向けになるのか気になります。

◆9位:スプラスピナー



「スプラスピナー」は、スピナー系列の中で最も射程が短いブキ。その分チャージ速度は早く、インクをものすごい勢いで発射することができます。特に別種の「スプラスピナーコラボ」は人気が高く、相手を動けなくするポイズンボールと無敵のバリアの組み合わせはかなり強烈。アップデートでやられた時のリスクが大きくなるよう調整されましたが、それでもまだ人気が高いようです。


「スプラスピナーコラボ」も「わかばシューター」と同じく、スペシャルウェポンのバリアがなくなることの影響が大きいと思われます。とはいえ、バリアがない「スプラスピナー」も影こそ薄いものの強いことは間違いありません。むしろ気になるのはステージの構造で、スピナーはとにかく壁や段差に弱いため複雑な地形が多く用意されているステージが多くなると、このブキの扱い方が変わってくるかもしれません。
《すしし》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

    ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  2. 『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

    『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

    『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

  4. 【Wii U DL販売ランキング】『ゼルダ』『マインクラフト』『スプラトゥーン』人気変わらず、『カービィWii』も浮上(3/27)

  5. 【プレイレポ】『スプラトゥーン2 先行試射会』の6時間はあっという間だった…!イカした正統進化でより奥深く

  6. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  7. E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

  8. 『モンハン ダブルクロス』小嶋P&市原Dによるセミナー開催!開発過程や「モンスター」の誕生秘話を語る

  9. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  10. ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

アクセスランキングをもっと見る