人生にゲームをプラスするメディア

【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

その他 全般

【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう
  • 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう
  • 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう
  • 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう
  • 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう
  • 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう
  • 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう
  • 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう
  • 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう
話題を呼んだ先週の記事から、今週発売予定の新作タイトルのラインナップまで、昨日と明日を繋げるゲーム情報をぎゅっとお届けする「週刊インサイド」。

2月最後の「週刊インサイド」となりました。新生活が始まりやすい時期ですが、年度末に向けて新作ゲームが登場しやすいタイミングでもあります。何かと忙しない日々が続くので、気になる記事の見落としがないかこちらでチェックをどうぞ。

◆先週読まれた記事ベスト5


公道カートのレンタルサービスを提供している株式会社マリカーを、任天堂が提訴。その動きに対するマリカー側の声明が、この1週間で最も注目を集めました。また、『ポケモン 赤・緑』生誕21周年を記念する『ポケモンGO』期間限定イベントの予告や、ディースリー・パブリッシャーの新作ソフトを発表するユニークな特設サイトも話題に。いずれもお見逃しなく。

1位:任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

「大変困惑しております」といったコメントも。

2位:『ポケモンGO』2月27日より特別なピカチュウが期間限定で出現!―『ポケモン 赤・緑』生誕21周年を記念して

とんがり帽子をかぶったピカチュウがゲーム内に出現します。

3位:このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

D3Pらしさ溢れる、ユニークな展開です。

4位:【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

プレイ済の視点で読むと、また新たな発見や気付きがあるかもしれません。

5位:『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から! エミヤ[オルタ]など新サーヴァントが登場…マスターレベル解放や新機能「サウンドプレイヤー」の追加も

「終局特異点」までのメインクエスト消費APも、期間限定で半分に。

◆過去一週間の注目記事をご紹介(2/20~2/26)


人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

予想を超える事態となりました。おっぱい、強し。

『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”がお披露目に─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

実際にプレイして、この言葉の意味を知った方も多いのでは。

食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾のラインナップが判明!スシコラ・スプスピ・バケツなどが登場

第二弾の発売は、2017年6月を予定しています。

【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

それぞれ切り口は異なるものの、記憶に残る作品ばかりです。

【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

この技術を活かすゲームなどが登場するかもしれません。

「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

「誓いのキス」が再現可能な表情パーツも付属。

PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

後日、パッチで対応するとの発表もありました。

『艦これ』「叢雲改二」が1/8フィギュアに!“ストッキング越しの脚線美”に見惚れる出来映え

12.7cm連装高角砲やエッジの効いた頭部艤装なども、見事な再現度合いです。

任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

この一件がどのような展開を迎えるのか。今後の動向にも注目が集まります。

PSVRの更なる再販、早くも売り切れに─抽選販売ならば受付中の通販サイトも

今回の再販も、需要に応えきることは出来なかった模様です。

◆先週のハード別ダウンロードセールランキングまとめ


【Wii U DL販売ランキング】『FFV アドバンス』連続首位、『FFタクティクスアドバンス』など上位浮上タイトルも(2/20)
『FF』関連のセールが色濃いランキングとなりました。

【3DS DL販売ランキング】『DQMJ3 プロフェッショナル』ついに首位へ、『ドラゴンシンカー』初登場ランクイン(2/23)
『とびだす!にゃんこ大戦争』や『ポケットモンスター ピカチュウ』も根強い人気ぶりです。

【PS4 DL販売ランキング】『アサシンクリード ユニティ』連続首位、『フォーオナー』初登場4位ランクイン(2/22)
1位から3位まで、それぞれが順位を堅守。

【PS3 DL販売ランキング】『三國志13』や『『新・ロロナのアトリエ』などコーエーテクモゲームスタイトルが相次いで浮上(2/22)
セールに連なるタイトルが多数ランクインしています。

【PS Vita DL販売ランキング】『東京新世録 オペレーションバベル』2週連続首位、『かまいたちの夜 輪廻彩声』初登場ランクイン(2/24)
ランキング常連の『Minecraft』も、セールには押され気味の模様。

◆今週発売する期待の新作


今週発売予定の新作をご紹介。多くのゲームファンが注目し続けてきた『Horizon Zero Dawn』がいよいよ発売。また今週の金曜日には、いよいよニンテンドースイッチも登場します。Wii Uでもリリースされる『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はもちろん、ユニークさが光る『1-2-Switch』も気になる一作です。

【3月2日発売】
■Horizon Zero Dawn(PS4)
■Winning Post 8 2017(PS4/PS3/PS Vita)
■ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション(PS4)
■ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(3DS)

【3月3日発売】
■ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Switch/Wii U)
■1-2-Switch(Switch)
■ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch(Switch)
■スーパーボンバーマン R(Switch)
■いけにえと雪のセツナ(Switch)
■信長の野望・創造 with パワーアップキット(Switch)
■ぷよぷよテトリスS(Switch)
■魔界戦記ディスガイア5(Switch)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】倉庫から赤ちゃんの泣き声が…

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】倉庫から赤ちゃんの泣き声が…

  2. 「RWBY Volume 1-3 : The Beginning」2017年7月テレビ放送決定

    「RWBY Volume 1-3 : The Beginning」2017年7月テレビ放送決定

  3. 「Fate/Grand Order」舞台化決定!アプリでは「Fate/EXTRA CCC」コラボも

    「Fate/Grand Order」舞台化決定!アプリでは「Fate/EXTRA CCC」コラボも

  4. 映画「GODZILLA」全3部作で劇場公開決定 主人公・ハルオ役は宮野真守

  5. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  6. 「夢王国と100人の王子様 ショート」 AbemaTV で配信決定 逢坂良太、石川界人出演の特別番組も

  7. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  8. 「citrus」TVアニメ化決定 ギャルと生徒会長による百合マンガ

  9. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選、初代『ストII』の新コンボが発見!、『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定…など(3/25)

  10. 「ガンダム」「ガルパン」など人気作だらけのバンダイナムコブースは常に活況!

アクセスランキングをもっと見る